excitemusic

ネパールにヒマラヤトレッキングに行ったら、登山もしてみよう!
by lovektm111
ICELANDia
カテゴリ
全体
ネパール
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ネパール( 13 )

ピサンピークへの道

ピサンピークへの道、3日目です。つまりはアンナプルナ一周トレッキングの3日目と同じなんですが・・・。

3日目は、バウンダーラからチャムジェまでトレッキングします。この日は標高1311mから1430mのトレッキングなので、それほどアップダウンもありません。このあたりには、タマン族が住んでいます。タマン族は、仏教を信仰している民族で、モンゴロイド系なので私達日本人に似た風貌をしています。そのため、親しみやすいかもしれません。

4日目は、チャムジェからバガルチャップまでトレッキングです。この日は1430mから2164mまでのトレッキング。前日と比べると、アップダウンがある行程になっています。バガルチャップは、チベットの文化が色濃く残っている村といわれています。前日はタマン族、この日はチベット。一日一日違う文化や生活習慣に触れることができるのは、貴重な体験だと思います。

5日目は、バカルチャップからツァーメまでトレッキング。この日は標高2164mから2713mまでのトレッキングです。ツァーメは、この辺りでは比較的大きな村。銀行や両替所もあり、最低限の日用品も購入可能ですよ。

さぁ、翌日はピサンピークの拠点となるピサンへトレッキングです。
[PR]
by lovektm111 | 2012-07-03 15:37 | ネパール

ピサンピークにトライ!!!

アイランドピークの後は、ピサンピークについて紹介します。

ピサンピークは、アンナプルナ地域にある6091mの山です。この山もピーククライミングに分類されています。このピサンピークへのクライミングもアンナプルナ一周トレッキングの途中で、4泊5日で行くことができます。世界でも6000m峰がある場所は限られています。ぜひ、ネパールで標高6000mの世界を体験してみましょう。

アイランドピークよりも少々登山技術が必要ですが、それでも日本の冬山登山経験があれば、フィックスロープもありますので、登れる山になっています。

では、今回もアンナプルナ一周トレッキング+ピサンピークの日程について書いていきます。きっと、「あれ?結構簡単に登れるのかも!」と思ってもらえると思います。


1日目は、カトマンズからアンナプルナ一周トレッキングの出発地点であるベシサハールという村に移動します。トレッキングだけであれば、公共バスでも良いのですが、クライミングも行う場合、荷物も多くなりますので、専用車で移動したほうがよいでしょう。カトマンズからベシサハールまでは、7~8時間の道のりです。

2日目は、ベシサハールからトレッキング開始です。ベシサハールは823m。まだまだ標高が低いですね。ここから6091mまで歩いて登りますよ!!!ベシサハールからは車道(といっても、がたぼこ道)を歩いていきます。この日の目的地、バウンダーラ(1311m)への道はアップダウンが激しいので、少し覚悟が必要です。
[PR]
by lovektm111 | 2012-06-12 13:36 | ネパール

カトマンズにて

カラパタール&EBCトレッキング+アイランドピーク登山を終えて、カトマンズへ戻ってきた後は、ゆっくりリラックスをしよう。

6000m級の山に登るということは、結構なプレッシャーだったはずだ。いくらピーククライミングの中では、登山技術があまり必要ない簡単な山と言ったとしても、日本では決して体験できない標高であることは間違いない。それに、高額なお金を払っての登山である。成功させなければいけなという思いも強いだろう。次、いつネパールに来れるかわからないであろうし。

そんなプレッシャーからも解放されて、カトマンズで思いのままに過ごそう。でも、一国の首都であるカトマンズは娯楽が少ない。これは非常に残念である。観光客が多い割には、スパ類も充実していないし。もちろん、アーユルベーダなどのエステはあるんだが、やはりバンコクなどと比べると格段に寂しい。いや、比べてはいけないレベルかもしれない。

でも、最近は美味しいレストランも増えているし、5つ星ホテルだってある。ゆっくり過ごすことはできる。でもゆっくり過ごすなら、ポカラのほうがお勧めだ。カトマンズより空気もきれいだし、静かだけど、レストランやホテルも充実しているからだ。パーッとポカラまで30分のフライトで向かってしまっても良いだろう。

とにかく、お好きなように過ごしてみよう!
[PR]
by lovektm111 | 2012-06-05 16:21 | ネパール

アイランド・ピーク登山、その後・・・

アイランドピーク・ベースキャンプまで無事に降りて来られたら、あとは下山するのみだ。

翌日はテントやキッチンテント等のベースキャンプを全て片付けて、チュクンまで撤退する。チュクンまで行けば、ロッジがある。ベースキャンプは5070m、チュクンは4743mと300m程度しか高度は下がっていないが、それでもロッジがあるのはだいぶ違うだろう。この日は、テントではなくゆっくりロッジで休むことができる。

食事も温かいダイニングルームで、好きなものを食べよう。そうすることで、アイランド・ピーク登山のことをゆっくり思い出せることだろう。


翌日は、チュクンからディンボチェまで降りてくる。その後、タンボチェ、ナムチェ、ルクラとトレッキングしていく。一度通った道をトレッキングしていくので、往路の時のことを懐かしく思うのではないだろうか?同じ景色を見ているはずなのに、違う景色に見えてくるかもしれない。感じ方が変わっていることもあるだろう。6000m超に自力で登り、その頂上から世界の屋根を眺めた経験は、それだけ大きいのだ。

ルクラからは、小型飛行機でカトマンズに戻る。カトマンズでは、思い切って高級ホテルに泊まるのもよいだろう。テントからロッジ、高級ホテルとランクを変えてみて、そのギャップを楽しむのも面白い。カトマンズに着いたら、ネパール人スタッフともお別れだ。この頃には、ずいぶん気心も知れているだろう。
[PR]
by lovektm111 | 2012-05-30 13:41 | ネパール

カラパタールトレッキング&アイランドピーク その7

この日は、アイランドピークのハイキャンプへと進む。天候が悪いようならベースキャンプでもう1泊しなければならない。もし、早朝起床しても高度順応がうまくいっていない時は、チュクンまで降りるかベースキャンプにもう1泊した方が良い。無理しても良いことはない。高山病を甘く見てはいけないのだ。

ハイキャンプの標高は5670m。今までのこのトレッキング&登山の中で経験したことのない標高へと突入していく。ぜひ、登山装備の準備は怠らずに行っていこう。

ハイキャンプに到着後は、ゆっくり休んでおこう。翌日は山頂へのアタックだ。山頂まではフィックスロープが張られているので、そのロープを頼りに山頂を目指そう。山頂からはカラパタールとは比べ物にならないほどの素晴らしい景色を見ることができるだろう。

アイランドピークの標高は6198m。エベレスト、ローツェ、ヌプチェ、プモリ、アマダブラムなどの名峰を同じ目線で見ることができる。このような機会は滅多にないだろう。頂上でひとしきり絶景を眺めたら、一気にベースキャンプまで下る。6000m超えの場所に長時間いても、体にいいことはない。屈強な登山家なら別だが。

おそらくベースキャンプに戻ってきた後はクタクタだろう。ネパール人スタッフが、お茶や食事を用意して待ってくれているはず。温かなお茶と美味しい食事をとって、今日の疲れを癒しつつ、絶景を思い返してみてはいかがだろうか?
[PR]
by lovektm111 | 2012-05-22 19:29 | ネパール

カラパタールトレッキング&アイランドピーク その6

チュクンからは、トレッキングではなく「アイランドピーク」になる。つまり登山の範囲に入ってくるのだ。もう事前にポーターさんがある程度ベースキャンプまで物資や登山道具を運んでくれているはずなので、あなたは自分の荷物だけを運べばよい。そして、ガイドさんも交代である。今までは「トレッキングガイド」であったら、「クライミングガイド」がここからは案内してくれる。それぞれライセンスが違うので仕方ない。

チュクンからはアイランド・ピークベースキャンプまで進む。アイランドピーク・ベースキャンプは5070m。カラパタールは5545mで、そこの高さを数日前に経験しているので、ベースキャンプならまだ高山病の症状はでていないはずだ。もし、少しでも頭が痛いとか吐き気がするなどの症状が出ているなら、しっかり休息しよう。症状がひどいようなら、チュクンまで降りることも選択肢にいれなくてはならない。

この日からはロッジはないので、テント泊になる。5000m超えのキャンプは初めての経験になるだろう。そして、ロッジはないのでご飯も自炊だ。自炊といっても、自分で調理するわけではないのでご安心を!専門のネパール人スタッフが身の回りのことを全部やってくれるので、あなたは自分のこと、アイランドピークに登ることだけを考えていれば良いのだ。

標高5000mのキャンプはいかがだろうか?日本でするキャンプとは全然違うのがわかるだろう。そして、ダウンの寝袋の温かさにも驚くはずだ。

天候がよくあなたの体調も良ければ、明日は頂上へアタックする。早朝出発になるので、この日は早めにゆっくり休もう。きっと緊張しているだろうから、自分で思っているよりも疲労が蓄積しているはずだ。
[PR]
by lovektm111 | 2012-05-17 19:26 | ネパール

カラパタールトレッキング&アイランドピーク その5

カラパタールトレッキング&アイランドピークの行程

トレッキング10日目
この日はロブチェから、ディンボチェまでトレッキングする。ディンボチェは、往路で高度順応したペリチェのすぐ近くだが、ルートがちょっと違う。このトレッキング&登山の最大の目的地アイランドピークにいくルート上にあるのが、ディンボチェだ。普通のカラパタールトレッキングだったら、ペリチェではなくディンボチェ経由の場合が多い。ディンボチェで高度順応をする場合、近くのチュクンやチュクン・リまで一日トレッキングができるからである。しかし、今回はあえて往路と復路は別にした。そのほうが、色々な風景を楽しめるからである。

トレッキング11日目。
この日はチュクンまでトレッキング。チュクンは4743mだが、もうカラパタールまで行って、高度順応は済んでいるはずなので、再び高度を上げても問題はないはずだ。チュクンからは、これから目指すアイランドピークやアマダブラム、ヌプツェなどに囲まれ、世界屈指の大岩壁ローツェ南壁の迫力に圧倒されるであろう。
この日は、ロッジに泊まることができるが、翌日からはテント泊になる。この日のうちに、しっかり体調を整え、登山装備を確認しておこう。体調が優れない場合は、ここで休養しても良い。どうしても体調が悪いときは、またペリチェに診療所があるので、そこに行って診察してもらうのも良いだろう。もちろん、下山する勇気も必要である。

ここまでが、普通の「トレッキング」と呼ばれる地域である。翌日からは、一般のトレッキング愛好者や観光客には入ることのできない場所へと脚を踏み入れていく。その素晴らしい絶景を眼に焼き付けて欲しい。もちろん、カメラを忘れてはならない。充電もしっかりしておこう。そして、過度に心配する必要はない。ネパール政府公認のクライミングガイドがついているのだから。色々アドバイスもくれるはずだから、心配なことがあったら、この日のうちに聞いておこう。
[PR]
by lovektm111 | 2012-04-10 19:30 | ネパール

カラパタールトレッキング&アイランドピーク その4

カラパタールトレッキング&アイランドピーク行程。

トレッキング8日目。
この日はいよいよエベレストベースキャンプまで行く。
ロブチェからゴラクシェプを通り、氷河を渡って、エベレストベースキャンプに立ち寄る。エベレストベースキャンプは、エベレスト登頂を目指す登山隊や登山家が登山基地とする場所のことである。この地点からエベレスト登山はスタートになる。3~5月、9~11月の登山シーズンには、各国の登山隊で混み合っている。エベレスト登頂にかける登山家たちの思いに満ち溢れた場所になっている。
その後は、先ほどトレッキング中に通ったゴラクシェプまで下っていく。下るといってもゴラクシェプは標高5150m。十分な水分摂取をするなど、高山病の予防に努めなくてはならないだろう。

トレッキング9日目・
この日は、エベレストの展望台として有名なカラパタールに行く。カラパタールは5545m。このカラパタールトレッキングの最高地点になっている。ここからみるエベレストは美しいと言われている。その美しさをぜひ眼に焼き付けて欲しい。9月半ばから11月までは、このカラパタールは世界中からトレッキング愛好者がネパールに来て、このトレッキングをするので、かなり人が多い。カラパタールからは、エベレストだけでなくロブチェやヌプツェ、プモリなどのヒマラヤ山脈を一望できるだろう。
カラパタールでエベレストを見たあとは、ロブチェまでトレッキングする。
[PR]
by lovektm111 | 2012-04-10 18:52 | ネパール

カラパタールトレッキング&アイランドピーク その3

カラパタールトレッキング&アイランドピーク登山の行程。

トレッキング5日目、6日目。
この日はタンボチェからペリチェまでトレッキング。
この日から標高4000mを越え、高山病の症状がいつ出てもおかしくないので注意が必要になる。この辺りになると、もう緑はほとんど無くなってくる。森林限界を超えた証拠だ。ルクラは緑豊かな村だったのに、ペリチェは荒涼とした自然の厳しさを目の当たりにできる高原へと姿を変えている。
このペリチェでも高度順応のために2泊する必要がある。最終的に6160mまで登らなければならないため、体調を整えゆっくりでも良いので、確実に高度順応をしなければならない。もし、2泊してもまだ時間が足りないようなら、もう1泊したほうが良いだろう。6160mにアタックするには、体調を万全にしなければならない。

トレッキング7日目。
この日はペリチェからロブチェまでトレッキングする。ロブチェは、4930mと5000m目前の標高である。ペリチェからロブチェへの道の途中に、トゥクラという小さな集落がある。ここからモレーンを登ると、チョルテン(石を積み重ねたもの)が並んでいる。これらは全て、エベレスト登山で命を落としたシェルパ族の墓である。

エベレスト登山で命を落としたといっても、シェルパが自らエベレスト登山隊を結成したわけではない。あくまで、外国登山隊のサポートメンバーである。サポートメンバーであるシェルパは、ルート工作をしたり、上のキャンプ設営や荷揚げをするなど、常に体を張って仕事をしている。そのような危険な仕事の中で事故に遭い命を落としたシェルパが大勢いるのだ。同じシェルパでも、ヒラリーと共にエベレスト初登頂を果たしたテンジン・ノルゲイはネパールの英雄だが、その英雄の影に隠れた英雄達も大勢いるのだ。
[PR]
by lovektm111 | 2012-04-10 18:40 | ネパール

カラパタールトレッキング&アイランドピーク その2

カラパタールトレッキング&アイランドピークの説明

トレッキング3日目
この日は、ナムチェに高度順応のため滞在する。高山病を甘く見てはいけない。頭痛や吐き気がする程度ならかわいいものだが、肺水腫や脳浮腫になったら、もうすぐにヘリコプターで下山しなければならないくらいの緊急度だ。その中でも脳浮腫は生命の危険や後遺症が残る場合もあるので、高山病の症状が出たら、決して無理をしないことだ。

高度順応といっても、小さなナムチェの村に1日中いてもつまらないので、エベレストがキレイに見えるシャンボチェの丘にトレッキングし、植村直巳氏が越冬トレーニングをしたクムジュン村に立ち寄って帰ってくる一日トレッキングに行く。ナムチェからは、残念ながらエベレストは見えないので、シャンボチェに登って初めてエベレストを見ることができる。世界最高峰のエベレストを見た感動は、言い表せないくらいだろう。


トレッキング4日目
この日は、2泊したナムチェに別れを告げ、タンボチェに向かう。タンボチェは、この地域で最も大きなチベット仏教僧院タンボチェゴンパがあることでも有名である。この車もバイクも飛行機もない山の中に、あれだけ立派なゴンパがあるとは、信仰の深さ、力に驚くばかりである。この辺りに住むシェルパ族は、チベット仏教を振興しているのだ。
またエベレスト下山時に遭難した日本人登山家加藤保男氏の慰霊碑がある場所でもある。タンボチェ付近まで来ると、アマダブラムがとてもキレイに見える。アマダブラムは6856mとヒマラヤ山脈の中ではそれほど高くないが、その独特な形が有名な山である。その分、このアマダブラムに登りたい登山家は多く、ネパール政府もこのアマダブラムの入山料は、他の6000m峰より高額なものにしている。
[PR]
by lovektm111 | 2012-04-10 18:21 | ネパール