excitemusic

ネパールにヒマラヤトレッキングに行ったら、登山もしてみよう!
by lovektm111
ICELANDia
カテゴリ
全体
ネパール
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カラパタールトレッキング&アイランドピーク その2

カラパタールトレッキング&アイランドピークの説明

トレッキング3日目
この日は、ナムチェに高度順応のため滞在する。高山病を甘く見てはいけない。頭痛や吐き気がする程度ならかわいいものだが、肺水腫や脳浮腫になったら、もうすぐにヘリコプターで下山しなければならないくらいの緊急度だ。その中でも脳浮腫は生命の危険や後遺症が残る場合もあるので、高山病の症状が出たら、決して無理をしないことだ。

高度順応といっても、小さなナムチェの村に1日中いてもつまらないので、エベレストがキレイに見えるシャンボチェの丘にトレッキングし、植村直巳氏が越冬トレーニングをしたクムジュン村に立ち寄って帰ってくる一日トレッキングに行く。ナムチェからは、残念ながらエベレストは見えないので、シャンボチェに登って初めてエベレストを見ることができる。世界最高峰のエベレストを見た感動は、言い表せないくらいだろう。


トレッキング4日目
この日は、2泊したナムチェに別れを告げ、タンボチェに向かう。タンボチェは、この地域で最も大きなチベット仏教僧院タンボチェゴンパがあることでも有名である。この車もバイクも飛行機もない山の中に、あれだけ立派なゴンパがあるとは、信仰の深さ、力に驚くばかりである。この辺りに住むシェルパ族は、チベット仏教を振興しているのだ。
またエベレスト下山時に遭難した日本人登山家加藤保男氏の慰霊碑がある場所でもある。タンボチェ付近まで来ると、アマダブラムがとてもキレイに見える。アマダブラムは6856mとヒマラヤ山脈の中ではそれほど高くないが、その独特な形が有名な山である。その分、このアマダブラムに登りたい登山家は多く、ネパール政府もこのアマダブラムの入山料は、他の6000m峰より高額なものにしている。
[PR]
by lovektm111 | 2012-04-10 18:21 | ネパール
<< カラパタールトレッキング&アイ... カラパタールトレッキング&アイ... >>